【激辛】蒙古タンメン中本の北極ラーメンに納豆をトッピング!

激辛

激辛が大好きな私。納豆が大好きな私。

コンビニで、蒙古タンメン中本の店長が公認している「北極ラーメン」と「納豆」のコラボ宣伝を発見した瞬間、レジで北極ラーメンと納豆を持って並んでいた。このコラボは、テレビ「マツコの知らない世界」でも取り上げられている。

スポンサーリンク

「北極ラーメン」×「納豆」調理

家に帰って早速調理。
北極ラーメンを作るかたわら、納豆をかき混ぜる。納豆は付属のタレ、カラシも混ぜて作ることにした。

準備完了。

トッピング!!北極ラーメン of 納豆!!

うーん、素晴らし眺め。納豆の香りは思ったほどキツくなく、むしろ北極ラーメンの味噌の香りが勝っている。

「北極ラーメン」×「納豆」実食

納豆を絡めながら、いざ実食。

うん、味は北極ラーメンと納豆。北極ラーメンの旨さと辛さのあと、納豆の風味が少し顔を出す。コラボによるイノベーションは起こっておらず、むしろ納豆の粘りや味がスープによって洗われており、単なるお豆さんと化している。(汁物に納豆を入れた場合は大概こうなるが)

納豆による効果は以下の通り。
・納豆によって北極ラーメンの売りである辛さが少しマイルドになった
・納豆の粘りによってスープにとろみがうまれ、麺にスープがよく絡むようになった
・食べ終わる頃の納豆の存在感が半端ない

【納豆あるある】
汁物の底に納豆が取り残されている

取り残された納豆たち

「北極ラーメン」×「納豆」感想

普通に美味しく頂けたものの、北極ラーメンの良さ(辛さ)と納豆の良さ(粘りや風味)が半減したようなイメージ。

やっぱり納豆にはホカホカのご飯が最強と思うのであった。

ごちそうさまでした!

スポンサーリンク