【遊び】娘ちゃん(4歳)と本気で「かくれんぼ」をした結果

育児

どうも!ももたろです

幼稚園に通い始めてはや1年が経った娘ちゃん(4歳)ですが、幼稚園で「かくれんぼ」を覚えて帰ってきました

よほど楽しいのか、家でも僕と一緒にかくれんぼをして遊びます

僕が隠れるときは見つかりやすいように隠れて、娘ちゃんにわざと(?)見つけてもらっていたのですが、ふと、こう思ったわけです

「僕が本気で隠れたら、娘ちゃんは見つけることはできるのか」

そこで娘ちゃんと本気でかくれんぼをしてみることにしたのですが、その時の娘の行動がなかなか面白かったので、記事にまとめました!

本気でかくれんぼをした結果 その①

「いつの間にかかくれんぼが終了していた」

最初は意気揚々と「パパー?パパー?」とドタバタ探し回っていましたが、隠れ初めて10分くらい経ったころから声が聞こえなくなったんですね

もうあきらめたのか?
そう思って、そーっと娘の様子を見に行くと、
YouTube見始めていました、、

いやぁ、子供は飽きる(諦める)の早いですね、、

そのまま一緒にYouTube見て、かくれんぼは終わりました

本気でかくれんぼをした結果 その②

「かくれんぼの参加者が勝手に増えた」

隠れ始めて10分くらい経った頃に「みーつけた!!」って言うんです

いや、僕まだ隠れてるよ?見つかってないよ?
そう思って、そーっと娘の様子を見に行くと、

リ〇ちゃんパパが見つかって確保されていました、、

僕は娘ちゃんと2人でやっていると思い込んでいましたが、娘ちゃんはリ〇ちゃんパパとも遊んでいたんです
大人の思い込みって怖いですね、、

そのままおままごとが始まり、かくれんぼは終わりました

本気でかくれんぼをした結果 その③

「おしっこを漏らしちゃった」

僕がではないですよ?娘ちゃんがです

隠れ始めて5分くらい経った頃から「パパー!!?パパー!!?」となんか慌てているような、焦っているように探している感じがしたんです

そしてその数分後、液体のこぼれる音とともに娘ちゃんのすすり泣く声が、、

驚いた僕が慌てて娘ちゃんのところへ行くと、おしっこを漏らしちゃっていました、、

娘ちゃんのなかで、「僕を見つけないとトイレに行けない」という謎の縛りが発生していて、おしっこをもらしたのはパパのせいだと、泣きながら訴えられました、、

あぁ、大人げないことをしてごめんよ娘ちゃん、、

そのまま床を掃除してパンツを履き替えて、かくれんぼは終わりました

まとめ

いかがだったでしょうか

子供ならではの、大人の常識を超えた斜め上の行動の連発でした

幼稚園で色々なことを学んで、日々成長をしている姿を見ることも、こういう発見があることも親としてはとても嬉しいし、たまには本気で子供と遊ぶのもよいものですね

また、なにか本気で遊んだら、まとめたいと思います!

ではまた!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました